2014-03

2014年4月「アンデルセン2の会」例会のお知らせ

01mumei

4月の「2の会」例会はデザイン研究部会からの発表です。

 日 時:  2014年4月24日(木)19:00~20:30
場 所:  シゲキバ
福岡市中央区薬院 1-16-18 江島ビル605、
(
カフェソネスの6階)
参加費: 500円
テーマ:  「北欧的DIYでまちなかの居場所づくりのススメ」
トーク :  斉藤康平(株式会社斎藤政雄建築事務所)
02hakonowa

九州大学の移転や大型商業施設の進出などで、かつて賑わった
箱崎商店街はすっかり元気を無くしました。

JR箱崎駅からまっすぐ伸びた道の角にも、閉じてしまった古い店
舗が
あり、そこも取り壊されて駐車場になろうとしていたのです。

そこで、商店街のシャッターをひとつでも開けようと、残っている
九大生や、まちの様々な人たちの助けを借りながら、自分たちの
手で
住居とデザイン事務所+シェアスペースつくりをはじめました。

まちを愛する仲間たちとの居場所づくり、ここにも北欧・デンマーク
ものの見方が表れています。

当協会会員でもあり筥崎まちづくり放談会活躍されている斎藤康平
さんが語って下さいます。

 参加申し込みは 一般社団法人福岡デンマーク協会へメールで。
e-mail   info@fda-japan.org

 

 

 

2014-03-25 | Posted in 新着情報No Comments » 

 

福岡で出版されたデンマークについての本を紹介します。

渾身の画像デンマーク

福岡の出版社からデンマークに関する本が2冊も出ていましたので
ご紹介しましょう。共に石風社刊で2011年の初版です。

その1冊目は
ティンドラ・ドロッペ(本名・吉水真珠美)さんの「北欧やすらぎ散歩」。

著者はいつも商品の買い付け等で訪れていた北欧ですが、クリスマスの時期、
プライベートで訪れたコペンハーゲンの暮らしにすっかり魅せられたようです。
なんといってもこの本の魅力はスケッチ風のカラフルな挿絵!
著者が出会った風景、建物、教会、雑貨や小物、食事とクリスマスを楽しむ人々の
暮らしが生き生きと再現されていて読みながらもクリスマスホリデーを一緒に過ごし
たような気分にさせてもらいました。
(感想: 富谷千里子)

 2冊目が
「スコール!デンマーク~塔のある風景」。著者は辻信太郎さん。

熊本市役所に勤務する著者の20年前のデンマーク訪問記。ロータリークラブの
国際的な交流企画の「研究交換プログラム」で1ケ月間ほどデンマークに滞在し、
ホームステイ先での出来事や、訪れた土地での風景の建物の印象などが丁寧に
書かれています。

「“個”を尊重し、モノを大切にする」という誠実で質実な生き方は、今に引き継がれて
おり階層を超えてデンマーク人共通の哲学になっています。著者はそのデンマークの
持つ穏やかな空気感を分かりやすく興味深く、そしてほのぼのとしたタッチで著わして
おり、また20年という時間の経過が著者の人間的成熟と相まってデンマークへの印象
が更に味わい深くなっているのではないかと思われます。 (感想:長阿彌幹夫)

 

2014-03-20 | Posted in オススメ情報No Comments » 

 


川邊事務所
川邊事務所 | KAWABE OFFICE. 
株式会社ダイドー不動産 
Sasukee | サースケ  
欧州「最新建築」撮り歩記