理事長エッセイ

SDGs(エス・ディ・ジーズ)世界一の国デンマーク

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話しが出来ることを楽しみにしています。

福岡デンマーク協会 理事長 長阿彌幹生


理事長エッセイ(14)

SDGs(エス・ディ・ジーズ)世界一の国デンマーク


 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。日本では知らない人の方が知っている人よりも多いのが現状です。2015年9月に国連サミットで採択されて、国連加盟193ケ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。
私は来月デンマークをはじめ、フィンランドやオランダを訪問して、その優れた教育や福祉などを学んできますが、これらの国では国民全員の目標として取り組まれています。特にデンマークはその進捗度合いが世界一ということで、世界最先端の取り組みが行われています。
SDGsは一人も取り残されることなく、世界中の人たちが幸せになるために設定された目標ですので、日本のように国の取り組みが遅れていても、そのことの重要性や先駆性に目覚めた人たちや、団体、自治体による取り組みで世界中の人たちと連帯していけます。
今日からでも、明日からでも取り組みを始めましょう!

★SDGs世界一のデンマークの取り組みについての紹介
 デンマークでは、SDGsからソリューションを生み出す大規模なイノベーションラボがスタートしています。
 このラボを主催するのは、非営利団体「UNLEASH(アンリーシュ)」。
 「UNLEASH」のパートナー企業は200以上に上り、スポンサーには日本の「あしなが育英会」やデンマークのアパレル企業「BESTSELLER」、シンガポールの「TEMASEK」、世界糖尿病財団「WORLD DIABETES FOUNDATION」などが名を連ねています。
 今回はそんな「UNLEASH」の活動やラボで実際に生まれたソリューション、そして、デンマークのサステナビリティ教育のいまについて、実際にデンマークを旅して目にした光景を通してご紹介します。

「UNLEASH Lab」でミレニアル世代が生む、新しいソリューション 

 「2030年までにSDGsのすべての目標を達成するには、できるだけ多くのソリューションを見つける必要があります。新しいソリューションを持つ企業には、30歳未満の人々──いわゆるミレニアル世代が多いことが分かっているため、私たちはミレニアル世代の若者を多く選出しラボを開くのです。そういった世代はサステナビリティに大きな関心を寄せていますし、より公正で平等な世界を見たいと思っているので、SDGsの実現性をより高めることに繋がる、と考えています」。
 UNLEASHの運営メンバーは、イノベーションラボが始まった経緯をそう語ります。


 昨年8月に開催された「UNLEASH Lab 2017」には、129ヵ国の若手イノベーター1,000人が集まり、日本からも5人が参加しました。
 主な参加者は、20〜30歳の学者、起業家、技術者など。彼らは11日間に渡って、同じ問題意識を持った人とグループを組み、企業プレゼンやアクティブラーニングから学びを得ながら、ソリューションアイディアを考えました。

 そこで生まれたソリューションは、SDGsのアジェンダの中の「教育とICT」「エネルギー」「健康」「食糧」「持続可能な消費と生産」「都市の持続可能性」「水」といった7つのテーマに沿ったもの。

 日本人がチームに入っていたソリューション事例をご紹介すると、世界でも問題視されているプラスチックゴミを解決する、再生可能なラッピング「Reusable Smart Pallet Wrapping」があります。
 すでに商品化されている再生可能なラッピングがなかなか導入されない大きな原因は、価格の高さ。そのことから「Reusable Smart Pallet Wrapping」では価格が安く設定されているばかりでなく、なんと1,000回まで再利用が可能となっています。製品化に至れば、プラスチック廃棄物の95%の石油使用量と、80%のCO2排出量、環境負荷を50%も削減できることが分かっています。現在、Climate-KIC Nordicからの資金を獲得し、プロトタイプを製作中です。

 また、建築資材の情報ツール「Recovering Giants」も、UNLEASH Lab 2017で生まれたソリューションのひとつです。
 こちらは、地震などで出たがれきの量と場所を評価し、そこで出た廃材にインセンティブを与えることで、災害後の復興のスピードを早めるという革新的なソリューション。現在採用されている建築資材のほとんどは、分解時のことを配慮せず、組み立ての容易さだけを意識した設計のものが多いことも問題として挙げられています。このソリューションでは、こういった設計で使用されている建築資材をうまく活用するエコシステムを確立する予定です。

 ここで挙げたソリューションも含め、UNLEASH Lab 2017では全部で197ものソリューションが生まれました。いまもさまざまなセクターによるサポートを受けながら、それらのプロジェクトは実現に向けて進んでいます。


 以上です。デンマークではその他学校、自治体、企業での取り組みが盛んに行われています。また機会があれば紹介したいと思います。

 


自らが学び問う姿勢を子どもたちへ! 
 私たち親や大人は子どもたちに「勉強(勉めることを強いる)」のではなく、「学問する(自らが学び問う)」姿勢を子どもたちに伝えていくことが必要ではないでしょうか。知らないものを知る「わくわく感」を伝えられればと思います。大人たちが、目を輝かせて、自分の面白く感じている世界を「学ぶ」姿は、子どもにとって大きな刺激になるでしょう。そんなに面白いものならば、教えて欲しい、もっと知りたい。そうして、子どもたちは自らで「学び」のスイッチを入れていくことでしょう。
 そう思うと、改めて私たち大人の生き方が問われているのではないでしょうか。現実に妥協し、学ぶことを忘れ、その楽しみを諦め、目先の利益だけしか眼中にない、刹那的な生き方になっていないでしょうか。拝金主義、学歴主義、競争主義という利己的な固定観念で子どもたちを縛っていないでしょうか。

 デンマークの学校基本法に「学校の役割は子どもたちに困難な未来を切り拓くための楽観的展望を与えること」という条文がありますが、この条文は学校だけの役割ではなく、私たち親や大人たちの役割でもあるのではないでしょうか。私たちの生き方でそのことを伝えていければと思います。 

2019-10-19 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

川邊事務所
川邊事務所 | KAWABE OFFICE. 
株式会社ダイドー不動産 
Sasukee | サースケ 
無農薬野菜・有機野菜のオーガニックパパ  
欧州「最新建築」撮り歩記