理事長エッセイ

子どもにやさしい国

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話しが出来ることを楽しみにしています。


理事長エッセイ(5)

子どもにやさしい国。

「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」は、子どもの基本的人権を国際的に保障するために定められた条約です。
18歳未満の児童(子ども)を権利主体と位置づけ、大人と同様、一人の人間としての人権を認めるとともに、成長の過程で特別な保護や配慮が必要な、子どもならではの権利も定めています。子どもの生存、発達、保護、参加という包括的な権利を実現・確保するために必要となる具体的な事項を規定。1989年の第44回国連総会において採択され、1990年に発効しました。日本は1994年に批准しました。

第2次世界大戦でナチスによって多くのユダヤ人が虐殺されましたが、子どもも容赦なく殺されました。最も大きな被害を受けたポーランドの発案により、世界中から法律家が知恵と心を寄せて未来を担う子どもたちの人権を守ろうとこの条約を作り、採択しました。現在ほとんどの国が批准、加盟、継承、署しています。

そのような中、日本では虐待事件が絶えません。全国の児童相談所は保護された子どもたちで溢れています。まだまだ子どもの権利が十分に保障されているとは言えない状況です。そういう意味でデンマークの子どもたちは、「国の宝」として、社会全体から大切に育てられています。

今回も私の自著「長阿彌幹生のデンマーク読本(教育文化研究所出版)から一部を抜粋及び加筆して掲載させていただきます。お楽しみいただければ幸いです。


子どもの人権が守られる社会の仕組み。

毎年訪問するデンマーク
 毎年、私が企画している研修ツアー(※毎年11月開催)で、デンマークを訪れては、福祉や教育、介護などの現場で実務を担当している人たちから、デンマークの取組みやその考え方などを学んでいます。毎回、多くの気付きや発見を得られて、実り多い訪問になっています。 

待機児童問題がないデンマーク
 その中の気付きを一つ紹介しましょう。
 それはデンマークは「子どもにやさしい国」だということです。
 コペンハーゲンを散歩していると、子どもの姿の多さに気が付きます。

 写真は保育ママに連れられて公園に遊びにいく子どもたちです。保育ママという子育て経験のある人が2人~4人の子どもを自宅で預かる仕組みです。この写真では、3人の保育ママが7人の子どもを遊びに連れていくところでした。
 デンマークでは夫婦共働きが普通ですので、保育に関しての仕組みが整備されていて、保育園の他にも、このような保育ママ制度があり、多くの家庭が利用しています。待機児童問題はデンマークでは起こりようがないのです。

家庭優先が活かされた仕事環境
 安心できる保育システムのおかげで、親たちは思い切り仕事に打ち込むことが出来ます。だからと言って「仕事人間」にはなりません。16時の終業時刻を過ぎると、一斉に仕事を終えて、保育所や保育ママのところに子どもを引き取りに行きます。
 デンマーク人はほとんど残業をしません。
 何よりも家庭、家族を優先して暮らしているからです。その結果、家で親子がゆっくりと過ごすため、愛情や信頼に満ちた親子関係が築かれています。

公共交通機関も乳母車で
 また、乳母車を押している人たちも多くいます。バスや電車に大きな乳母車が簡単に乗せられるからです。低床式の車両に加えて、乳母車用のスペースが用意してあるからです。自宅から公共の交通手段で、乳母車ごと乗車して、都心まで出かけることができます。

 乳母車が大きいのは、赤ちゃんが大きいからというよりは、赤ちゃんの居住性、快適性から大きめのゆったりしたものになっているようです。安定性があり、安全でもあります。
 この大きな乳母車を、夫婦が楽しそうに会話しながら押している様子は平和そのものです。両親の仲良しな様子や笑顔は子どもにとっても最適な環境です。
 ちなみにデンマークでは、赤ん坊を乳母車に乗せて、冬は防寒着を着せて屋外で昼寝をさせます。寒さに慣らすのと、長い冬には少しでも日光に当てるためだそうです。

人権の守りの中でたくましく育つ
 こんな様子を見るたびに、デンマークは子どもを大切にしている国だなあとつくづく思います。教育費も医療費も無料で、しかも宿題もテストもなく、子どもの人権を尊重し、子どもらしく、かつたくましく育つことを重視しているデンマークの考え方が、何気ない街の様子からも伺えます。

2018-10-19 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 

アンデルセンの国

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話しが出来ることを楽しみにしています。


理事長エッセイ(4)

アンデルセンの国。

世界的な童話作家のアンデルセン(1805-75)はデンマークを代表する人物の一人です。代表作は「赤い靴」「マッチ売りの少女」「人魚姫」「親指姫」「みにくいアヒルの子」「はだかの王様」など、私たち日本人にも馴染みのある作品です。デンマークのフュン島には彼の生家がアンデルセン記念館の中に保存されていますが、本当に小さな粗末な家で育ったことが分かります。その彼がいろいろな経験を重ねて、詩人や童話作家として名を成していくわけですが、その一生を知ることは、その時代のデンマークを知ることに繋がります。その時代こそ、デンマークの近代化の夜明けでもありました。アンデルセンの絵本だけでなく彼の生涯を伝える書物なども読むと一層デンマークのことを理解できるのではないでしょうか。

今回は私の自著「長阿彌幹生のデンマーク読本(教育文化研究所出版)からアンデルセンに触れた文章を掲載させて頂きます。お楽しみ頂ければ幸いです。


暮らしの中に生きるアンデルセン。

デンマークの人たちは絵本が大好き
 デンマークはアンデルセンの国です。観光名所の一つに人魚姫の像があるくらいです。その影響でしょうか、デンマークの人たちは絵本が好きです。コペンハーゲンの中心街にも絵本専門店があります。店頭はもちろんですが、店内にも素敵な絵本がいっぱい並べてあります。若いお父さんやお母さんが、次はどんな絵本を読んであげようかなというような表情で、あれこれと楽しそうに本を選んでいました。

絵本はグッドナイトストーリー
 この国の子育てに絵本は欠かせないようです。デンマークでは「グッドナイトストーリー」と言って、子どもの就寝時間になると絵本を読んであげるそうです。子ども達は親の膝に座ったり、体をぴったり寄り添わせて、親の体のぬくもりを感じながら、寝る前の時間を過ごします。昼間、体を動かしてしっかり遊んでいる子ども達は、すぐに眠気が来て、“おやすみ”のキスをすると、安心して、すやすやと眠ってしまうそうです。
 そう言えば、私も幼い頃に布団の中で祖母から絵本を読んでもらっていた記憶があります。祖母の優しい声と体温を感じながら、安心して眠りについていたことを思い出します。なんとも幸せな思い出です。

子どもと親の心を結ぶ絵本の存在
 デンマークでは共働きの家庭が大半です。子どもと接する時間は限られています。しかも、18歳になるとほとんどの子は家を出て一人暮しを始めます。そのために、一緒に過ごす時間をとても大切にしています。そういう意味でも、絵本は幼い子どもと親の心を結ぶ大切な役割を果たしています。アンデルセンが今も、庶民の暮らしの中に生きているのですね。

 私も娘たちが幼い頃、寝る前に絵本を読んであげていました。「ノンタンぶらんこのせて」などの“ノンタンシリーズ”はよく読みました。何度も同じ本を読むので、筋書きは暗記してしまいました。今でも、話すことが出来るくらいです。絵本は娘たちとの絆づくりにおおいに役に立ってくれたと思います。懐かしい思い出です。

2018-09-10 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 

デンマークの若者政治家が語る!

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話しが出来ることを楽しみにしています。


理事長エッセイ(3)

19歳の市議会議員、25歳の元市議会議員大いに語る!


4年前にデンマークから、なんと!19歳と25歳の政治家を招いて、福岡市で講演をしてもらったことがあります。
この時は鹿児島、熊本、長崎などから約200名の方が参加され、デンマークの進んだ取り組みや、若者たちの政治への関わりなどに熱心に耳を傾けてもらいました。
日本でも市町村議会の形骸化、空洞化が問題化していますが、その大きな要因は若者の政治への無関心です。若者にとって魅力のある政治とは、どういうものかを、この講演会レポートを再度ご紹介することで、皆さんにも考えていただければと思います。

子どもの権利条約批准20周年記念 デンマーク講演会

幸福度世界一のデンマークから学ぶ
「若者・女性の政治参加」

 ●2014年9月25日(木)
 ●福岡市中央市民センターホール

デンマークをはじめ北欧諸国の幸福度の高さが注目されている。
今回は「若者・女性の政治参加」というテーマでデンマークから講師を招いて講演会(主催:教育文化研究所 協力:福岡デンマーク協会)が開催された。


幸福度の高さは民主主義の成熟度と相関している

 基調講演はデンマーク在住50年、国民高等学校の理事長をされている千葉忠夫氏から「民主主義の基本的 理解」についてでした。
自由、平等、博愛という民主主義を構成する要素を説明し、日本の学校教育で政治用語としての「民主主義」ではなく、生きるための理念として普遍的なものとしての「民主主義」が紹介されました。

 特に、平等についての説明では、一枚のピザを均等に分けるのを平等と思いがちだが、空腹度に応じて分配し、費用負担はその分配量とは関係なく支払い能力に応じて支払われるのが、真の平等ではないかという問題提起がなされました。デンマークではそれを平等と呼んでいるそうです。

 

政治が身近にある社会
 基調講演の後はシーナW.ソーレンセン氏(25歳女性・大学院生)とラッセH.ピーダセン氏(19歳男性・市議会議員)からそれぞれ「女性の政治参加の意義」、「若者の政治参加の意義」という提言が行なわれました。選挙権と被選挙権がどちらも19歳からのデンマークで、二人とも高校生のときに立候補し当選した人たちです。

 ラッセH.ピーダセン氏は自分の家族問題に端を発し、高校生時代から学校運営への参画を始め、さらには行政の仕組みや社会意識の変革のために政治家を志したそうです。堂々としたスピーチに、子どもの頃から大人たちから愛され信頼され、意見表明が保障されてきたことをうかがわせました。政治と暮らしとの距離が近く、その地域を住み良くしていこうとする仲間意識や当事者意識の強さを彼の提言から知ることが出来ました。

 

「なぜ?」という探求する姿勢の大切さ
 第2部では福岡の若者とのトークセッションが行なわれましが、その中でシーナさんの「デンマークでは選挙権も被選挙権も18歳なのに、日本では選挙権(20歳※2014年当時)と被選挙権(25歳と30歳)の年齢が違っているが疑問に思わないのか?」という質問が出されました。
このことは、それを当たり前と思っていた私たちに、改めて「参政権」とはどうあるべきなのか、当たり前のように思っていることへの「なぜ?」という問いの必要性を痛感する良い機会となりました。

 デンマークの若ものたちの政治に参加し、社会を変えていこうとする情熱は、子どもの頃から未来を担う存在として、親や地域の人たちから愛され信頼され、その権利を保障されて育ったからではないかと思います。
民主主義とは、日常の暮らし中に根ざしてこそ、国民の生き方として具現化していくものではないでしょうか。

 若者の熱意と無邪気さがデンマークの未来をさらに幸せな国にしていくように思えてなりません。

2018-08-08 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 

幸福社会の可能性=楽観主義に基づく民主主義。

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話しが出来ることを楽しみにしています。


 

理事長エッセイ(2)

幸福社会の可能性=楽観主義に基づく民主主義。


国連が毎年行っている幸福度調査(註1)で155ケ国中、2017年3月の発表ではデンマークは2位だった。昨年度は1位で、常に高い幸福度を保っている。
この調査はその国の人たちへの主観的なアンケートと客観的なデータ(健康や生活、政治等)を加味して決定されている。

デンマークの高い幸福度の背景には何があるのだろうかと、幸福度を高くするためのヒントが得られないだろうかと、デンマークを訪れて、デンマークの人たちの考え方、生き方に触れるようにしている。10年間毎年訪問して気付いたことがある。


一つにはデンマーク人は楽観的だということだ。
どうしてそれが可能なのだろうか。日本では無計画、刹那的、夢想的など、現実的ではない態度としてとらえられる傾向があるが、この国では楽観主義は積極的な考え方としてとらえられている。
このことの背景には、学校の役割が「困難な未来を切り拓くための楽観的展望を与えること」と明文化され、全ての子どもたちの教育の基本に据えられていることが考えられる。子どもたちに「君なら大丈夫」「あなたならきっと出来る」というメッセージがあらゆる場面で送られ続けているのだ。

例えば、デンマークの学校では「否定」の無い授業が行われている。
どのように考えるかを問う授業。例えば、「1+1=2」が正解だと記憶することよりも、「1+1」を自分はどう考えるかを問うている。答えは「2」でも「3」でも「5」でも尊重され、否定をされずに「本当はどうか?」という検証過程を繰り返しながら「考える力」を培っていく。その結果、子どもたちは失敗を恐れずに未来への見通しを立てる力を身に付け、自尊感情も高まっていく。

さらにデンマークの幸福度を支えているものに高い民主主義度がある。
日本では民主主義は政治用語として用いられているが、デンマークではそれのみではなく、生活形式として根付いている。個人の暮らしの中でも徹底した話し合いが行われている。互いの意見を尊重し、「みんなが良くなるために」という前提での話し合いが家庭でも地域でも頻繁に行われている。民主主義とは日常の暮らしの中で、丁寧に話し合い、気持ちを合わせて協力することではないだろうか。

そしてもう一つ思えるのは、「何をしたか」ということよりも「何をしているか」の方を大切にしているということだ。
結果よりも過程を大事にしている。目標に向けて取り組むことに意味を持つ。デンマークの高い幸福度は結果ではなく、そのプロセスを重視することからも生まれてくるのではないだろうか。権威主義や学歴主義のような過去にしがみ付く社会とは無縁な未来を志向する社会なのだ。

デンマークは「幸福社会」の可能性を楽観主義に基づく民主主義という形で人々の生き方の中に示してくれているように思う。

 

 

【註1】世界幸福度報告:国連が毎年発行する幸福度調査のレポートである。この調査における幸福度とは、自分の幸福度が0から10のどの段階にあるかを答える主観的調査に、(1)人口あたりGDP(対数)、(2)社会的支援、(3)健康寿命、(4)人生の選択の自由度、(5)寛容さ、(6)腐敗の認識(政府不信)の6つの客観的な説明変数を用いて回帰分析して発表されている。2017年度は1位ノルウエー(2016年は4位)、2位デンマーク(※2016年は1位)、日本は155ケ国中51位。アジアでトップはタイの31位、次いで台湾の32位となっている。北欧のスウエーデン、フィンランドも毎回トップ10に入っており、北欧は幸福度の高い地域となっている。

 

2018-06-07 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 

創造的“妥協”という視点。

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話しが出来ることを楽しみにしています。


 

理事長エッセイ(1)

創造的“妥協”という視点。


夏目漱石の草枕の冒頭に「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい。」とある。他人との関係の難しさの一面を語っている。何かを他人と行おうとするときに、自分の考えが他と一致していれば事はスムーズに進むが、違っている場合に、或いは途中で違ってきた場合にどう話し合うかはなかなか難しい。

 日本では民主主義=多数決と学校で教えられるので、結局多数派の意見が“公意”になり、個人や少数派の意見が軽視や無視されても、仕方のないものとする傾向がある。そのために対立や反目は日常的に生じている。

 民主主義とは人間の歴史の中から幾多の争いや戦いの結果、ようやく見出された意思の疎通についての考え方であり、話し合いに臨む姿勢のことだ。対立や反目を無くして、みんなが幸せに仲良く生きる社会を実現するために、とことん話し合おうとする決意と覚悟がそこに在る。

 現実的には、自分と他者の意見が違っている場合に同じにするのはなかなか難しい。もともと自分と他者とは違う人間で、生い立ちも人生経験も考え方も違っているのが当たり前。ではどうしたら個人の考え(私意)が尊重されつつ、他の考えと融合させて、“公意”が形成できるのだろうか。

 私は“妥協”することが必要だと思っている。“妥協”とは、本来「対立した事柄について、譲り合って一致点を見出し、穏やかに解決すること。」という意味だ。これは人間の知恵の一つ。よく言われる「妥協の余地がない」というのは、“余地”を見出せるまで話し合わなかったときに使う言葉ではないかと思う。

 世の中が「右か左か」、「善か悪か」のような極端な考え方になりつつある現在、もっと時間をかけて、様々な違った意志や考えを反映できる妥協点を見出していくことが、大切なのではないだろうか。みんなが良くなるために、“妥協”をより創造的に用いることで、争いの無い、親愛の情に充ちた世界が生まれるように思えるのだが、どうだろうか。

 

 

2018-05-10 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 


川邊事務所
川邊事務所 | KAWABE OFFICE. 
株式会社ダイドー不動産 
Sasukee | サースケ  
欧州「最新建築」撮り歩記