理事長エッセイ

「政治と幸福」政治の羅針盤としての「幸福」 (3) 

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話が出来ることを楽しみにしています。

福岡デンマーク協会 理事長 長阿彌幹生


理事長エッセイ(22)

政治の羅針盤としての「幸福」 (3)

ハッピー・シティーズでの経験 

 市民が幸せになると社会に様々な利益がもたらされます。そしてそれが世界の複数の都市で、市民の幸福を調査し、強化する動きにつながっています。

 ブリストルのハッピー・シティ・イニシアティブのようなプロジェクトでは、人々の行動に影響を及ぼすことで幸福に導くことに重きが置かれているようです。
 プロジェクトの主なメッセージは、アクティブでいるのは大切だ、自然の中で過ごそう、世の中を探究しよう、一生学び続けよう、と言ったものです。プロジェクトはまた、どうしたら幸せになれるか考え、ポジティブな体験や出来事に注目するように市民に促します。同時に、利他的行動をとるようにも働きかけます。自治体は毎年、貢献度の高い市民にハッピー・シティ・ポイントを付与しています。

 デンマークのモデル都市、ドラウアー市で、およそ1万4千人の市民のうち500人の幸福度についての表を作った経験があります。この目的は、「市民の生活の質を高める」という目標に向けた取り組みを行う上での基礎知識を築くことでした。
 ドラウアー市での調査結果は、「孤独」が自治体の幸福の中心課題の一つであることを示しています。自治体や住民と連携して、市民の孤独を減らし、生活の質を高められるような実行可能な取り組みを提案した結果、地元の高齢者センターへ足を運ぶ人の割合が3分の1以上上昇しました。

国の指標となる幸福のデータ 

 デンマークは、世界幸福度調査のまさにトップに位置しているのですから、幸福への関心の高まりは、国と企業にとって絶好のチャンスです。デンマークが中心的役割を果たすべき、国際秩序の転換期がやってきたのです。デンマークの社会モデルが、他の国にインスピレーションを与えることができるでしょう。
 2013年にコペンハーゲンでブータン※1のティンレー元首相と面会した際に、彼から「私たちが追い求めているものを既に手にした国がデンマークだ」と言われました。

 私が見る限り、デンマークにいる私たちが良い社会モデルの確立の最前線に立つ限り、幸福と生活の質は、私たちにとって重要な輸出ブランドになっていくはずです。

 2013年にOECD※2が発表した主観的幸福を測るうえでのガイドライン※3という報告書で、
「人々の選択を導き、政治を設計し、先に進めるために、主観的幸福についてのデータは、国の進歩を調査し、評価するのに既に使われている他の指標を大いに補完できる」としています。


※1
ブータン~国民総幸福量(GNH)を尊重する国
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol79/index.html

※2
OECD(経済協力開発機構)は、1948年に設立。日本も含め加盟国は47か国。世界経済の発展、途上にある地域の健全な経済成長、世界貿易の拡大に、寄与・貢献を目的として活動している。

※3
主観的幸福を測る :OECDガイドライン
https://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/026632145.html
主観的幸福を測るうえでのガイドラインについて
https://www.akashi.co.jp/files/books/4238/4238_summary.pdf

~おわり~ 

 

LEGOLAND in Billund www.lego.com
Photo: Cees van Roeden
2021-03-28 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 

「政治と幸福」政治の羅針盤としての「幸福」 (2) 

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話が出来ることを楽しみにしています。

福岡デンマーク協会 理事長 長阿彌幹生


理事長エッセイ(21)

政治の羅針盤としての「幸福」 (2)

経済が豊かになっても幸福度が下がる 

 2011年、アラブ社会を揺るがす大事件が起こりました。
 ジャスミン革命により、23年間続いたチュニジアの政権が崩壊。エジプト、リビア、バーレーン、ヨルダン、シリアといった国に抗議やデモが拡がりました。このアラブの春以前の経済状況をみても、動乱の兆しは見られないでしょう。
 エジプトは2005年から2010年までの間に一人当たりのGDPが33%増加しました。チュニジアもそうなので国民は満足していただろうと推測できます。しかし、国民幸福度に目を向けると、この期間に劇的に下がっていることがわかります。人生に非常に満足している人たちの割合はエジプトもチュニジアを約50%も減少しました。国民が経済的に豊かになっても、不満は増しているのです。

何を測るかが行動を左右する 

 幸福度調査への重要性が増してきていますが、この調査が誤用・悪用される可能性を私たちは看過してはなりません。政府は調査結果について誤った情報を与えたり、自分たちの望み通りに幸福度調査の結果を操作したりする可能性があります。
 例えば、主観的幸福度についての質問を検討する際、その国の社会や生活で順風満帆な分野についての項目を質問に加えるように操作することで、回答者の満足度が高くなりかねません。また、逆に住民が注目を浴びたいあまり、アンケートの生活満足度で、わざと低い点数をつける危険もあります。

心の問題に苦しむ現代人

 デンマーク国家保健委員会によると、デンマークの全成人の5%がうつ病を患っています。また不安やその他の精神の問題で苦しんでいる人も7%未満ほどいます。
 一方、2013年の世界幸福度調査によると、世界では4億人がうつ病に苦しんでいて、不安に苦しんでいる人も3億人近くいます。これらの数字は地球人口のそれぞれ6%と4%に相当します。
 デンマークでは、長期病気療養の50%及び、早期退職の48%がメンタルヘルスの問題を理由にしています。30歳未満の青少年の早期退職の80%が精神の不調を理由にしています。
 世界保健機構(WHO)は、「個人の潜在能力を活かせ、日常の課題に取り組め、生産的に働け、コミュニティに貢献できるような幸福な状態」とメンタルヘルスを定義しています。

社会共通の課題解決に触れる

 私たちが市民としてコミュニティに寄与する方法の一つがボランティア活動です。幸せな人は他の人のためになることやボランティアをよくする傾向があるようです。将来の幸福に焦点を当てることで、ボランティア部門の強化や社会共通の課題解決に繋がるでしょう。
 ボランティア活動は政界からも注目されています。今でも既にデンマークGDPの約10%に相当する1350億クローネ(※2兆5000億円)の価値を創造しているボランティアの力を、どうしたら最大限に活かせるかが思案されるのは驚くことではありません。

ビジネス界の最新テーマ「幸せ」 

 「Excelシートや、SWOT分析、リスク管理のことは全て忘れよう ー ビジネススクールの最新テーマは“幸せ”だ」と、2013年のフィナンシャル・タイムズ紙にそんな文字が踊りました。ビジネススクールやビジネス界が幸福に関心を持つようになってきている背景には、幸福な従業員がより生産的で離職率が低い傾向にあることが幸福研究により分かってきたからです。
 実際、幸福な従業員の在職期間は、幸福度の低い従業員の2倍です。同時に幸福な従業員は健康で、そのことからも病欠日数も少なくてすみます。不満のない従業員は一緒に働きやすく、仕事の質も高まります。これらすべてによって、職場の競争力は上がり、最終的に利益も増します。ハーバード・ビジネススクールの研究では、幸せな日々を送っている従業員は、新しいアイデアを思いつきやすい傾向にあることを明らかにしました。

~次回に続く~ 

 

幸福
2021-02-08 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 

「政治と幸福」政治の羅針盤としての「幸福」 (1) 

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話が出来ることを楽しみにしています。

福岡デンマーク協会 理事長 長阿彌幹生


理事長エッセイ(20)

政治の羅針盤としての「幸福」 (1)

国民総幸福量を施策に掲げる国 

「私たちには持続可能な開発の3つの柱の平等性を重視した新しい経済パラダイムが必要です。社会的幸福と経済的幸福、環境的幸福の3つを切り離して考えることはできません。それら3つが合わさって、初めて総幸福量を定義できるのです」。

 この言葉は前国連事務総長の潘基文(パンギブン)によって2012年4月に行われた「幸福と福祉―新しい経済パラダイム*を定義する」という国連会議で発表されました。
 この会議で世界の全般的な幸福状態を示す最初の世界幸福度調査(World Happiness Report)が発表され、政府が国民の幸福をどうしたら高められるのか、様々な提案がなされました。

 国連の要請を受け、コロンビア大学の地球研究所により作られた報告書には、数多くの国際的な幸福度調査が集録されていました。その報告書で特筆すべきなのは、政権側が国民の幸福度を高めることは可能だと結論づけている点です。政府は国民総所得を増やす政策と同じくらい、国民幸福度を上げる政策に大きな意義があると断言しています。
 2011年に国連で、幸福を求め努力することが人類の基本目標であるべきだと言う決議が満場一致で採択され、その結果、政治的、学問的、社会的に、幸福に重点を置く方向へシフトチェンジしていく兆しがあります。今日の研究者や政策決定者は、どうしたら住民が幸福な人生を送れる最良の枠組を作れるか知ろうとしています。

 人口80万人のヒマラヤ東部の小国ブータンの憲法には、幸福は国家目標だと書かれていますし、この国の発展の公式目標とされています。国民総幸福量(Gross National Happiness)をもとに進歩を測っているのです。1970年代以降、ずっとこれに取り組んできました。ブータンの国民総幸福量委員会は最大の公共機関の一つであり、委員会は、物質的価値と精神的価値のバランスのとれた「包括的で持続可能な」な世界観を出発点とする指標で、幸福モデルを発展させてきました。
 このモデルではブータンの人々が幸福度を高めるうえで重視すべきだと考えられる9つの分野(メンタルヘルス、健康、教育、文化保全、時間を有意義に使えているか、良い自治・政治、コミュニティ開発、生物多様性、生活水準の高さ)がカバーされています。コミュニティプロジェクトは全て、国民総幸福量の増加にどれだけ貢献したかをもとに評価されます。つまり、政治家は決定を下す際、経済的成果だけを評価するのではなく、例えば地域社会の発展や公衆衛生、文化保全の面での結果も加味します。

※パラダイム(paradigm):ある時代に支配的な物の考え方・認識の枠組み

ケネディが語ったGDPの真実 

 ロバート・ケネディ(ジョン・Fケネディ米大統領の弟で上院議員、大統領選挙の最中に1968年に暗殺される)は1968年カンザス大学の演説で次のように述べました。

 私たちはもうずっと前から、個人の優秀さや共同体の価値を、単なるモノの量で測るようになってしまった。この国のGDPは、8000億ドルを越えた。しかし、もしGDPでアメリカ合衆国の価値を測るのなら、GDPには、大気汚染や、たばこの広告や、交通事故で出動する救急車も含まれている。
 GDPには、ナパーム弾や核弾頭、街でおきた暴動を鎮圧するための、武装した警察の車両も含まれている。GDPには、玄関の特殊な鍵、囚人をかこう牢屋、森林の破壊、都市の無秩序な拡大による大自然の喪失も含まれている。GDPには、ライフルやナイフ、子どもにおもちゃを売るために暴力を美化するテレビ番組も含まれている。
 一方、GDPには、子どもたちの健康や教育の質、遊ぶ喜びは入っていない。GDPには、詩の美しさや夫婦の絆の強さ、公の議論の知性や、公務員の高潔さは入っていない。GDPには、私たちの機転や勇気も、知恵や学びも、思いやりや国への献身も、入っていない。
 つまり、GDPは、私たちの人生を意味あるものにしてくれるものを、何も測ることはできないのだ。GDPは、私たちがアメリカ人であることを誇りに思えることについて、いっさい教えてくれないのだ。もしそれが、この国において真実であるなら、世界中のどの国でもやはり真実だろう。

~次回に続く~ 

デンマーク
2020-12-26 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 

「幸せ」の定義

私たち一般社団法人福岡デンマーク協会のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
私は当法人の理事長の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)です。
日常の暮らしや活動の中でデンマーク的視点からみた自分なりの気づきや感想などをご紹介し、皆様の暮らしや仕事に何かの参考にして頂ければと思っています。デンマークとは関係の無いようなエッセイもあるやもしれませんが、それも幸福という普遍的なテーマとして繋がっているものですので、拙文ですがお付き合いください。感想等頂ければ幸いです。また、私どものイベント等でもこのエッセイを種にして、お話が出来ることを楽しみにしています。

福岡デンマーク協会 理事長 長阿彌幹生


理事長エッセイ(19)

幸せとは何か?

幸せは普遍的な概念? 
 「幸せ」は普遍的な概念なのかどうかを今回は検証していきます。
 結果、世界のそれぞれの国や地域で「幸せ」については明らかなズレがあることが分かります。
 また、「幸福とは何でしょう?」という問いは、「幸福の要因は何でしょう?」という問いと混同されています。「人の数だけ幸福の定義がある」という言葉は「人の数だけ幸福をもたらす要因がある」という混同です。しかし、どういう人が幸福になるかはかなりの規則性がみられるのです。

究極の幸せ 
 キリスト教の幸福理解がヨーロッパに広まり、現世での快楽や悪徳を避けることで、人はあの世で幸せになれることになりました。こうしてキリスト教は幸福を究極的に先延ばしすることで、究極的な快楽という報酬を得られる仕組みを手に入れたのです。この幸福理解が疑問視されるには1000年近い月日が必要でした。
 現世での喜びが市民権を得るのに寄与した神学者の一人が、ドイツの神学者マルティン・ルターです。彼はカトリック教会改革の中心人物で、プロテスタントの父でもありました。宗教改革とそれ以降の啓蒙時代の思想により、あの世での幸福ではなく、現世での幸福が注目されるようになります。

自分自身の幸福を創造する 
 18世紀末の哲学者ジェレミー・ベンサムは、最大多数の最大幸福を実現することを良しとしました。同時に、ある行動が良いか良くないかを導き出すための幸福の公式をつくり出そうとしました。
 また、英国による植民地支配からの解放を表明した「アメリカ独立宣言」は1776年に採択。これにより、幸福は神が定める死後のものから、私たちがこの世で追い求めるだけでなく、追い求める「権利」のあるものへと変わったのです。幸運または幸福を追求する機会を得るのは人権の一つとなりました。

ポジティブ心理学
 かつて幸福を分析したのは、主に哲学者と神学者でした。ところが最近では、今日、深い問いを立てる心理学者や社会学者、経済学者が台頭しています。
 ペンシルベニア大学のマーティン・セリングマンがアメリカ心理学会長に就任し、心理学の原点(「人生を良くすること」に焦点を当てること)に立ち還るように助言しました。
 セリングマンの呼びかけは、苦しみを取り除くことばかりを追求するのではなく、どうしたら幸福な人生を得られるか探究しましょうというものでした。こうしてセリングマンは人間の喜びやウエルビーング(健康で安心なこと)、幸福を産み出すものは何かを理解しようとするポジティブ心理学の先駆者となりました。

幸福は道に立てられた広告看板
 広告が発信するあらゆるメッセージの核は、単純に言うなら、「より良い生活を約束します」ということです。つまり、「幸福にします」という約束です。
 「広告に含まれていなければならない要素が一つある。それは幸福だ。幸福って何か知ってるか?幸福は新車の匂いだ。幸福とは恐怖からの解放。幸福とはあんたが何をしようと、大丈夫、と言ってくれる路上看板さ」(アメリカのテレビシリーズでのセリフを引用)。

Camping
Nothing beats cooking your own dinner at the
camp-site.
www.campingraadet.dk
Photo: Henrik Stenberg
2020-11-05 | Posted in 理事長エッセイNo Comments » 

 


川邊事務所
川邊事務所 | KAWABE OFFICE.  
株式会社ダイドー不動産  
Sasukee | サースケ  
無農薬野菜・有機野菜のオーガニックパパ    
欧州「最新建築」撮り歩記